気になるマヌカハニーの美容効果とは

ハチミツは美容に良いものだと知られています。
そんなハチミツの中でも近年特に注目を集めているのが、マヌカハニーです。
これは、ニュージーランドに生えているギョリュウバイという植物の花の蜜から作られたハチミツのことを指します。
ギョリュウバイが別名でマヌカとも呼ばれているため、このような名が付きました。
マヌカハニーの美容効果としては、まず、ニキビを改善したり予防したりする効果があると言われています。
マヌカは現地の先住民のマオリ族から復活の木と呼ばれて活用され続けてきた植物でした。
その植物から作られたハチミツにはメチルグリオキサールという成分が含まれており、医療用に活用できるほどに抗菌・殺菌効果に優れています。
ですから、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を抑えるのにも役立つわけです。
また、このハチミツは乾燥肌やシミ・シワなどの改善、美肌にも役立つと言われています。
普通のハチミツ以上に保湿力や抗酸化作用が強く、ビタミンやミネラルなど肌を健やかに美しくするために欠かせない栄養成分も豊富に含まれているからです。
このハチミツは、洗顔料やクレンジング剤に混ぜて洗顔の際に利用したり、浴槽にスプーン数杯分を溶かして入浴剤にしたりと、色々な使い方ができます。
もちろん、ヨーグルトに混ぜて食べたり、紅茶などに入れて飲んだりと、口から摂取することも可能です。
ご興味がある方は、自分に合った方法でマヌカハニーを毎日の生活に取り入れてみるといいでしょう。

▲ページの先頭へ